酒井玄蕃(さかいげんば)ってだれ?『西郷と最後まで闘った男』【歴史秘話ヒストリア】

ども、はじめまして。
そして、こんばんは。
しんまいです。

みなさん
2019年9月4日
22:30から
NHK総合テレビで放送された
~16:00)
『歴史秘話ヒストリア
「西郷と最後まで闘った男」
で取り上げられた
酒井玄蕃(さかい・げんば)さん
って、ごぞんじでしたか?


出典:Wikipedia

ワタクシしんまいは、
存じ上げなくて、
酒井玄蕃(さかい・げんば)さん
について調べてみました。

スポンサードリンク

酒井玄蕃(さかい・げんば)ってだれ?

正しくは
酒井了恒(さかい・のりつね)さん。
玄蕃(げんば)は、
代々の通称だったみたいですね。

ちなみに
玄蕃(げんば)とは
大宝律令
有名律令制の中で
外交・葬儀などを担当し、
かつ僧尼を管理していた
玄蕃寮の略称で官職(官名)です。

なので玄蕃は、
「玄蕃寮の役人」ってみたいな意味です。
だからと言って、
庄内藩で

それをしていたわけではないですけどね。

1843年1月13日
(天保13年12月13日)で
出羽庄内藩
(いまの山形県鶴岡市と酒田市)
家老である
酒井了明(さかい・のりあき)さんの
長男として生まれました。
幼名は虎之進
元服後は吉弥
鶴岡武士酒田商人の町と
棲み分けがされてるそうです。
福岡博多みたいなものかな。

1867(慶應3)
家督を継いで
代々の通称である玄蕃
吉之丞を襲名。
このとき25歳

ここにて
酒井玄蕃(さかい・げんば)
の誕生ですね!

1868(慶應4)年1月
に起こった戊辰戦争

幕末と言えば
新選組会津藩が有名ですが、
それは、
新選組
京都の警備を京都守護職をしていた
会津藩預かりだったから。

じゃ、江戸は…?
となりますよね。

同じような組織(組)が
江戸にもありました

その名も
新徴組(しんちょうぐみ)

新徴組(しんちょうぐみ)
江戸市中警護
海防警備
を任されていました。
(海防警備って範囲広くない?)

彼ら新徴組(しんちょうぐみ)
庄内藩酒井家預かり
はい!!
出てきました庄内藩!!

京都:会津藩;新選組(非正規)
江戸:庄内藩;新徴組(正規)
といったように
セットで覚えると良いかと。
ちなみに新徴組には
新選組の沖田総司
義兄(姉婿で家督を相続)

沖田林太郎がいました。

幕末、幕府より
江戸市中取締り
を任されていた
庄内藩は、
幕府側ですので
朝敵」とされました。

戊辰戦争のきっかけは
薩摩藩主導による
江戸市中での
放火や掠奪などの挑発に
業を煮やした庄内藩による
江戸薩摩藩邸の焼討事件が
口実になったみたいですね。

また、東北戦線では
越列藩同盟
(おううえつれっぱんどうめい)
と行動をともにすることに。
奥羽出羽です。

天領であり、要衝の地であった
白河(いまの福島県白河市)救援に移動していた
酒井玄蕃(さかい・げんば)
率いる庄内藩二番大隊(約900人)
急きょ新庄城を攻めることになりました。

庄内藩二番大隊旗は
「破軍星を背にして戦うと必ず勝つ」
いう言い伝えのある
北斗七星を逆に配した
破軍星旗(はぐんせいき)

数に勝る新政府軍に対し
酒井玄蕃(さかい・げんば)たちは
最新兵器と巧みな戦術で勝利します。
なぜ最新兵器があったかは、
庄内藩の豪商
本間家(ほんまけ)が関係しています。

この戦闘で劣勢に追い込まれたときは、
酒井玄蕃(さかい・げんば)
自ら先頭に立ち、
刀を振り上げて
退く者は斬る!」と叫び、
劣勢から逆転勝利を得ます。

その後は連戦連勝の活躍で、
新政府軍からは
鬼玄蕃
と恐れられ、
のちには
破軍星旗(はぐんせいき)
を見ただけで相手は
鬼玄蕃が来た」
と逃げ出す始末。。。

そんなシチュエーションは
ドラマだけと思ってましたが
あったのですね。


あっ、そうそう。
賤ヶ岳の合戦で

豊臣秀吉に敗れた
佐久間盛政
鬼玄蕃といわれてました。

それもそのはず、
酒井玄蕃(さかい・げんば)さんは
庄内藩校 致道館
(しょうないはんこう・ちどうかん)

出典:やまがた庄内観光サイト
兵学・剣術・
漢詩・雅楽などを修め
そして笛の名手美少年だったそう。

出典:NHK

肺の持病があるにも関わらず
兵士と同じものを食べ
寝る時は、
決してわらじを脱ぐことなく軍装

城を陥落させたときなんて、
藩主の居室には
土足で踏み込まないよう厳命し、
しかも土蔵は封印させたうえで
掠奪を禁止する徹底っぷり。
また敵兵の死骸をも手厚く埋葬

風邪をこじらせて倒れてたときに、
新政府軍に奪取されて土地を
翌日輿に乗って指揮を執り
再び奪回
もはや、マンガの主人公レベルです(苦笑)

しかし、
奥羽越列藩同盟の二大勢力
米沢藩・仙台藩が相次いで
新政府に恭順
(゚ロ゚ノ)ノ

それによって
酒井玄蕃(さかい・げんば)
さん
撤退を開始。

その情報を知った新政府軍は
兵力を増強し追撃したけど、
酒井玄蕃(さかい・げんば)さん
采配により、
一進一退の攻防を繰り広げたが、
結局酒井玄蕃(さかい・げんば)さんたちは
ほとんど犠牲者を出さず
1868(慶應4・明治元)年9月
庄内藩への撤退を完了

1868(慶應4・明治元)年11月10日
庄内藩は、
一兵も自藩に
新政府軍を入れることなく
恭順。

朝敵でしたので
厳しい処罰が下る
かと思いきや、
11代藩主酒井忠篤(さかい・ただずみ)は謹慎、
庄内藩は14万石から12万石へ減封
などの軽い処分ですみました。

これには
西郷隆盛の意向が働いたらしい」
の噂が旧庄内藩で流れ、
だから西郷隆盛が敬愛されるように。

1970(明治3)年11月には、
藩主酒井忠篤(さかい・ただずみ)
旧藩士78名が
鹿児島を訪れています。
酒井忠篤(さかい・ただずみ)さんは
上野にある西郷隆盛像の発起人の1人です。

翌1971(明治4)年
旧家老の菅実秀(すげ・さねひで)
東京で初めて西郷隆盛会っています!!

菅実秀(すげ・さねひで)
1975(明治8)年にも
征韓論で敗れて
鹿児島に戻っていた
西郷隆盛も会いに行ってます。

徳の交わり銅像
出典:やまがた庄内観光サイト

後年そのときの問答を基に
敬天愛人(けいてんあいじん)」や
児孫のために美田を買わず」などで有名な
西郷南洲翁遺訓(なんしゅうおういくん)』を
旧庄内藩士が中心となって、
明治に発刊されました。
てっきり、鹿児島藩士が
作ったのだと思ってましたが、
敵だった庄内藩士が
出していたのですね。
意外でした。
庄内藩士のおかげで、
西郷隆盛の考えを
知ることができたのですね。

恭順後の
酒井玄蕃(さかい・げんば)さんは
中老
として藩政に参与。

1869(明治2)年
学校御用掛となる。

1869(明治2)年7月
大泉権大参事
(いまでいう副知事)となる。

1871(明治4)年7月14日廃藩置県
伴って大泉権大参事となる。
が、
1871(明治4)年8月17日
大泉県権大参事を免職し、
明治政府に仕官
兵部省七等出仕に
翌1872(明治5)年
病の為辞任。

1874(明治7)年1月
酒井玄蕃(さかい・げんば)さんも
鹿児島で
西郷隆盛会っています!!

出典:NHK

 

1874(明治7)年10月
政府の密命清国偵察
間諜活動!?

帰国後は
『直隷経略論』を
黒田清隆(くろだ・きよたか)
に提出します。

内容は
地理、気候、風土、食糧事情から
歴史的な背景や影響など。

様々な観点から鑑みて
日本が中国大陸で戦争を
行った場合の問題点
を指摘していたそうです。

1876(明治9)年2月5日
肺病で死去。
享年35歳。
若い!
早すぎる!!

いまは東京の
谷中霊園に眠っています。

気になる方はこちらもどうぞ

スポンサードリンク

菅実秀(すげ・さねひで)さんって

天保元年1月8日(1830年2月1日)
出羽国鶴岡にて
菅実則の子として生まれました。
号は臥牛(がぎゅう)。

戊辰戦争では軍事係。

戊辰戦争後では
移封命令を撤回させるなどの
政治的敏腕を発揮!!

1869(明治2)年
大泉権参事になる。
1869(明治2)年7年
辞任。

1971(明治4)年
菅実秀(すげ・さねひで)さん
東京西郷隆盛会い、
親交を深める。

1871(明治4)年
酒田権大参事となる。

1872(明治5)年
開墾事業について
西郷隆盛の判断を仰ぎ、
相談のうえで
旧藩士ら約3000人が
月山西麓の原生林311haを開墾する
松ヶ岡の開墾事業を開始し、
桑園を造成。

1874(明治7)年
ワッパ騒動により辞任

1975(明治8)年
鹿児島
にて
下野した西郷隆盛に会う。
このときの問答が
敬天愛人(けいてんあいじん)」や
児孫のために美田を買わず」などで有名な
西郷南洲翁遺訓(なんしゅうおういくん)
の基になります。

1878(明治11)年9月19日
菅実秀(すげ・さねひで)らが中心となって
第六十七国立銀行設立。
設立には、本間家などにも出資してもらってます

1903(明治36)年2月17日
死去。
享年74歳。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする